自転車でGO GO

自転車でJR岐阜駅を出発し、金宝町1の交差点までやってきました。レンタサイクルを借りたい方はこちらです。それでは、さらに進みましょう。

目次

金神社へ

金宝町1の交差点から柳ヶ瀬までの通りも私の好きなエリアです。公園、神社、飲食店やブティックなどもあり、また違った雰囲気のある通りです。交差点の北西角には岐阜市の文化センターがあります。コンサートができる小ホールや展示室などいろいろ取り揃えてあります。

文化センターの北側にはセンターの敷地とつながった金公園(こがねこうえん)があります。子どもの遊具ももちろんありますし、人口の滝があって目にも涼しいですよ。園内には、かつて岐阜市内を走っていた路面電車が展示してあります。円窓のとても古い車両ですが、現役で走っていたことを覚えています。

金公園の北側にあるのが、金の鳥居のある金神社(こがねじんじゃ)です。毎月第4金曜日は御朱印帳を金色で書いてもらえることが話題になっています。かなり並んでいるのを見掛けましたが、私はもう少し涼しくなってからトライします。

金神社の北側は、ここも金公園の一部になると思うのですが、小さな噴水とからくり時計があります。岐阜をモチーフにしたものらしいのですが、私はあまり見たことがありません。地元の人間だからか、ついつい通り過ぎてしまうんですよね。

柳ケ瀬を行く

さて、そうこうしているうちに柳ヶ瀬に到着です。横断歩道を渡ると柳ヶ瀬のアーケードに入ります。もう少し直進しましょう。

柳ヶ瀬に入って80メートルくらい進んだところの交差点で右に曲がりましょう。

赤いじゅうたんが印象的な通りに入ります。通りの奥がやたらと明るいですよね。センサーというファッションビルがあったのですが、ようやく取り壊されて更地になっているのです。それで明るく見えるんです。長い間、閉店した空きビルが放置され続けていました。その建物の周りのお店もどんどん閉店していき、本当にゴーストタウンのようでした。やっと取り壊されたと思ったら、そのまま放置されているので、これはこれで変に見えるようです。県外の人には、あれは何?ってよく聞かれます。

さて、この空き地が目の前に広がったら左折しましょう。そうすると、わらびもちのツバメヤさんがあります。お隣で最中アイスを食べて休憩しましょう。

休憩が終わったら、さらに直進します。すると、柳ケ瀬のメインロードである柳ケ瀬通りに出ます。柳ケ瀬の中で一番広い通りなので分かると思います。ここは、イベントが開かれる場合の会場となることが多いのです。通りにでたら、右折してください。長良橋通りに出ましょう。

ルート

今回のルートはこちらです。

この続きはこちらです。